ヘルペスの感染の原因は性交渉がほとんどだと言われています。ヘルペスに感染しないためにもコンドームを使用して性行為をされると安全です。こちらではヘルペスの感染経路などを説明していきますので参考にしてください。

ヘルペスで洗濯物は分ける方が良いのか

性病に感染している人が家族内にいるときに、毎日の生活で気をつけなければいけないことがあります。
たとえば性病の中にヘルペスがありますが、家族と洗濯物を分ける方が良いのか悩む人がいます。
ヘルペスを再発しているときの下着やタオルなどの洗濯物は、子どもと一緒にするとうつるのではないかと考えている人がいますが、この場合タオルなど家族と共有しないといった配慮は必要ですが、洗濯物を分ける必要はありません。
ヘルペスウイルスは熱や乾燥に弱く、環境中では安定ではありません。
したがって洗濯や乾燥の家庭で死滅や除去されると考えられています。
絶対に分けなければいけないと神経質になる必要はありません。
また家族から感染しないかと気にしている人がいますが、主に病変に接触することによってうつるので、性的接触によって感染することがほとんどです。
日常生活で感染することは稀です。
しかし病変に触った手やタオルなどを介して感染する可能性があるので、日常生活では次のようなことに注意します。
トイレの後などで病変に触った可能性のある後は、石鹸などでしっかりと手を洗うようにします。
病変がお尻にあるときは洋式トイレの便座にウイルスが付くことがあります。
この場合お尻をガーゼで覆うようにします。
使用の前に消毒用エタノールで便座を拭くと効果的です。
タオルなども分けるようにします。
ヘルペスウイルスは熱や乾燥に弱いので、日常生活の中で感染力が強いことはありません。
したがって洗濯物を分けるなどあまり神経質にならないことが大切です。
そうすることで感染している人も周りの家族も気持ちよく一緒に生活ができます。
感染している人がしっかりと自覚を持つことが大切です。