ヘルペスの感染の原因は性交渉がほとんどだと言われています。ヘルペスに感染しないためにもコンドームを使用して性行為をされると安全です。こちらではヘルペスの感染経路などを説明していきますので参考にしてください。

ヘルペスは健康診断前に検査キットでセルフチェック

性器ヘルペスが、若い女性の間で急増しています。
これは、主として、単純ヘルペスウイルス2型が原因で、性器や尻の周辺に水ぶくれやただれができる疾病のことです。
発症する部位としては、性器や口腔内、唇など、実にさまざまです。
キス、オーラルセックス、性行為などによって、ウイルス感染するのです。
非常に感染力が強いウイルスですので、トイレの便座や電車の吊り革、タオルなどからも感染することがあるほどです。
特徴としては、疲労が溜まったときや病気などで体力が衰弱したときに症状が出てくるところがあります。
性器ヘルペスが発症する原因は、単に性交渉での感染だけと断定することができません。
いろんな経路が考えられます。
会社の健康診断では何の問題のなかった人が、性器ヘルペスに感染した、という事例も珍しくありません。
また、感染していることの自覚が乏しいことも多いですので、もし、感染の疑いを持ったら、セルフチェックをしてみることが大事です。
健康診断の項目にも合いませんので、自分の責任で感染の有無を確認するしかありません。
郵送の検査キットが販売されていますので、それを活用すれば、セルフチェックが簡単にできます。
これは、自宅で簡単にできる健康診断ということになります。
もちろん、個人情報は守られますので、安心して検査を受けることができます。
検査キットでのセルフチェックの結果で、感染が確認されたら、速やかにパートナーと共に医療機関を訪れて治療を受けるのが賢明です。
最近は有効な抗ウイルス薬も開発されていますので、適切な治療を受ければ、比較的短期間で症状はおさまることが多いです。
性器ヘルペス感染は誰にでも起こり得る疾病ですので、もし感染したとしても、冷静に受け止めて処置をすべきです。