ヘルペスの感染の原因は性交渉がほとんどだと言われています。ヘルペスに感染しないためにもコンドームを使用して性行為をされると安全です。こちらではヘルペスの感染経路などを説明していきますので参考にしてください。

ヘルペスは再発し易いウイルスです

ヘルペスとは、ウイルスによって体の表面に水ぶくれができる状態を言います。
代表的なものとして、水ぼうそう、口唇ヘルペスなどがありますが、帯状疱疹もその仲間です。
その他、現在では8種類のものが知られているものです。
肺炎や結膜炎もそうですし、乳幼児がかかりやすい突発性発疹も仲間に入ります。
そして、この症状は再発することが多く、一度診断をされるとまた同じような症状になることが多いです。
ですから、身近にあるウイルスとして有名ですが、その証拠に水ぼうそうは子供なら必ずすする症状と言えます。
こればかりは再発するものはないものの、口唇ヘルペスにかかった子供は、その後も頻繁にかかる症状です。
どんな時にかかりやすいか?というと、体力が低下したり、傷ができることで再発してしまいます。
子供に多いことから、大人は安心ということではなく、特に性器付近にかかってしまうことも多いと言われています。
それは、ある人がウイルスを持っていて、その方との接触によって“うつる”ものだからです。
ウイルスはうつる病気です。
性器にできると言うことは、密接な接触を繰り返すことが多い大人の場合、互いにうつり合ってしまうことから、気をつけ方が良いでしょう。
症状がでていない時であっても、神経細胞に潜んでいることがあります。
これが再発してしまう要因としては最大のもので、治ったと思ったら、単に神経細胞に潜んでいただけということもあります。
神経科がピリピリしたり、チクチクと言った感触があるときには、再発する兆候であると言われています。
治ると言う感覚は、症状としてでていないというのが正確な診断です。
症状をしっかりと出ないようにするため、体力をつけるなどの工夫が必要になります。