ヘルペスの感染の原因は性交渉がほとんどだと言われています。ヘルペスに感染しないためにもコンドームを使用して性行為をされると安全です。こちらではヘルペスの感染経路などを説明していきますので参考にしてください。

ヘルペス感染の経路はどこから?

ヘルペスという病気には、2種類あって感染経路が異なります。ヘルペス感染の主なものには、性器に起こる性器ヘルペスと口や唇の周り、顔面に起きる口唇ヘルペスがあります。

まず性器にできた場合のヘルペス感染経路は、性行為によるものです。これは、性感染症の一種になり、パートナーから移ったことになります。ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスによって感染します。このウイルスは、一度感染すると体内の神経節へと入り込みます。入りこんだウイルスは、潜伏した状態でなんらかの原因で再び現れて発症します。疲れやストレス、病気をした時など免疫が下がると、発症しやすくなります。最初は性行為によって感染しますが、2回以降は性行為は関係なく、症状が現れます。

もう一つは、口唇にできた場合のヘルペス感染経路は、性行為でも感染しますが、ウイルスがついたタオルやコップなどを共有した時に移るケースもあります。ですので、家族や親子間で移ることもあります。また、性器にできたヘルペスの水ぶくれを触って、口に移る場合もあります。親が子供や赤ちゃんのスキンシップにキスをして、移るケースもあります。もし、患部に触ってしまったら、すぐに手を洗って菌を洗い流すことをお勧めします。感染して数日で症状がでる場合もありますが、感染しても症状が合われない場合もあります。いつの間にか知らない間に、感染していることが多いようです。

ヘルペス感染をしないためには、性行為のときはコンドームを着用することが大切です。オーラルセックスのときも、コンドームをすることで、性器から口、口から性器への感染を防ぐことができます。大切なパートナーへ知らない間に移さないように、日頃の心がけが必要です。