ヘルペスの感染の原因は性交渉がほとんどだと言われています。ヘルペスに感染しないためにもコンドームを使用して性行為をされると安全です。こちらではヘルペスの感染経路などを説明していきますので参考にしてください。

口唇ヘルペスの病気の種類を広島の皮膚科で判断

ヘルペスという病気は、皮膚もしくは粘膜に小さな水ぶくれが集まっていることを言います。
通常、ヘルペスウイルスが要因となる感染症の病気をヘルペスと呼んでいます。
ヘルペスが他のウイルスが要因となる病気と異なるのは一度感染してしまうと症状が見られないのにも関わらず神経節内に潜みながら生存し続けるということです。
通常の健康体の際には潜んだままですが、身体の抵抗力が低下すると潜伏していたウイルスが姿を現し増殖し再び発症します。
ヘルペスウイルスは種類が豊富で8種類存在しています。
しかし、素人にはあまり違いがわからないため広島の皮膚科で診療してもらうことが求められます。
その中で口唇ヘルペスの要因になるのは1型と呼ばれるものです。
一方、2型も存在しており各々で特徴が異なります。
1型はウイルスが顔の神経節にて存在するので顔をはじめ上半身になどに症状が現れます。
その中でも顔や口唇に大きな変化が起きるため口唇という呼称なのです。
2型はウイルスが腰の神経節に潜むため下半身に発症するという特徴があります。
どちらも初めて感染した際には全身の中で場所を限定せずに生じるものの、再発した場合は1型は上半身で2型は下半身というように限定的になります。
また、認知度が高く多くの方が経験する水ぼうそうや帯状疱疹などは6型と7型に区分けされます。
こうした方というのは、診断を受けて専門家に判断してもらう必要があるのでやはり早急に広島の皮膚科で診察してもらうことが重要です。
そして、症状の様子というのは年齢や体質、体調により差異があります。
小さな子どもの場合は特にわかりにくいため症状に気付かないということも珍しくありません。
そのため小さなお子さんであっても広島での診療が欠かせません。